013:カタカナ(文)


舗石に降りくるこゑはカタカナに鴉大笑呵々または唖々
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:55 | 短歌

012:達(文)


うばたまの背に如月の陽をうけて嘴細鴉は達観の唖唖
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:50 | 短歌

011:嫉妬(文)


カフェにひとりラテの熱きをすすりつつ嫉妬妄想関係妄想
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:48 | 短歌

010:街(文)


雪融けの街路泥濘かわしつつ去年の舗道を歩みしことなど
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:45 | 短歌

009:ふわふわ(文)


ふわふわり春あわゆきの舞う真昼きみがにほひのおぼろなりけり
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:42 | 短歌

008:飾(文)


飾り窓パステルカラーにみたされて卯の花月をきみとあゆむよ
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:39 | 短歌

007:ランチ(文)


とりどりに盛りつけられしプレートと陽ざしとワインのランチをきみと
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:29 | 短歌

006:水玉(文)


水玉のランチョンマットに取りかへて弥生の光をきみと分けあふ
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:27 | 短歌

005:調(文)


キッチンに息調へる夕まぐれ君がメールの削除ををへぬ
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:14 | 短歌

004:ひだまり(文)


わたしにも矜持はあると如月のひだまり移る窓の辺にゐる
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:11 | 短歌

003:助(文)


助けなどいらぬと思ふ夜ありぬ助けてたれかと思ふ夜もまた
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:08 | 短歌

002:一日(文)


暮れがたくおもふ一日一通のメールほりつつ歌集よみをふ
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:05 | 短歌

001:笑(文)


口角をあげてぞ笑まふ柴犬のテレビ画面にうつりてをりぬ
[PR]
# by fumikohblue | 2009-03-06 17:00 | 短歌

参加いたします(文)

題詠blog2009 に参加します。

昨年は中途リタイアでした。
今年も、ゆるりと参加いたします。
[PR]
# by fumikohblue | 2009-02-04 20:19 | 短歌

040:粘(文)


川床の粘土にのこるあしあとのちいさかりけり少女なりけり
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:34 | 短歌

039:王子(文)


自転車の王子とあゆむ足音は未明の闇にきえてしまいぬ
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:32 | 短歌

038:有(文)


明日有るを疑はぬてふあしどりに監視カメラのなかをあゆめり
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:31 | 短歌

037:V(文)


VICTORY RUNにかがようゑがほなり報道画面に生きゐる少女
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:30 | 短歌

036:船(文)


ただひとり少女をのせてゆく船の 世界の果てをたれか知るらむ
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:29 | 短歌

035:過去(文)


ケータイに過去が明滅しはじめることばはことば「イエイ 発見!」
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:27 | 短歌

034:岡(文)


真夜ひとり岡にのぼりてケータイのホームページに書き込みしこと
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:26 | 短歌

033:すいか(文)


すいかずらはつか黄ばみてゆくときのかをりを知るや少女をさなし
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:25 | 短歌

032:ルージュ(文)


ルージュなど知らぬままなる少女なり素足さしいる白きサンダル
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:24 | 短歌

031:忍(文)


一夜さをさまよひありく少女あり丘のなだりに忍冬さく
[PR]
# by fumikohblue | 2008-05-19 17:22 | 短歌

030:湯気(文)


キッチンに湯気たたしめて健全なる家庭つくらな マニュアルのごと
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:14 | 短歌

029:杖(文)


打ちすゑる杖にありたり夕闇にまなこ見開くをとこのこゑは
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:13 | 短歌

028:供(文)


はつか陽にやけたる耳たぶわたしへの供物なるべしとくかかげこよ
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:12 | 短歌

027:消毒(文)


消毒のにほひとともに立ちかへる切除されたるものの蒼白
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:11

026:基(文)


新生代新第三期を基面とする切土法面きりぎしの美し
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:10

025:あられ(文)


着くたせるあられ絣の小布らを縫ひあはせゆくゆびの悦楽
[PR]
# by fumikohblue | 2008-04-28 15:09 | 短歌